君と彼女と彼女の恋。』(きみとかのじょとかのじょのこい。)は、2013年6月28日ニトロプラスから発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。 
<美点>
・他に見ない、新感覚なストーリー、演出、ゲームシステム。
・タラタラと長ったらしくない。
・クリア後や、物語の進行状況で細かいところへの「配慮」がされている。


<難点>
・攻略が少々やっかい。その試行錯誤が面白いと感じるかどうか(個人的にはオモロー)
・攻略がスムーズになってしまえばストーリーが短く感じるかも

・いくつか作品をやった人が固定概念を打破してもらう作品。初めてやる1本では無い




・ ニトロプラスだからこそ作れる規格外の迷作(褒め言葉)

主人公 心一は、自身の幼馴染でありながら遠い存在だと認識してる美雪に、ゲーム脳で電波系なクラスメート アオイを通して3人仲良くなっていくはずだった。が、アオイは自身がこの世界はゲームであり、自分は攻略ヒロイン。美雪が好きならそうなるようなゲームにアップデートしてあげる――というストーリー。

物語自体はそう長くない、むしろ短い分類なものの攻略が少々厄介で同じ文章を何回も目にすることが多々あるので体感としては長いとも言えないけど、短くはない。普通な分類あたりかな。しかし、我々は幸いにも「スキップ」が許可されているようなので、既読スキップでサクサク進めましょう。スキップ万歳!攻略がむずい?ええい、あらゆる選択肢を試すのじゃ!!少しづつ理解できるはず!

正直言えば発売前は、ヤンデレ娘のただのグロゲーのようなイメージだったのが、中身を見ればグロなんていうものはただのおまけと呼ばせるくらい、おかしいこれでいいのかと思わせるような設定の数々。OPの穏やかな曲がまるで皮肉のように聞こえてくるほど。公式のレビューにも問題だ問題だと言われてましたが本当に問題作ですねw

普通にプレイするだけなら良かった。でも、少しその世界の意図に反した行動をしてしまったら?そこからは彼女にズブズブと泥沼へと引き釣りこまれていく、、、、所詮ゲームだから?甘い考えは許されないんですよ、、彼女は恐ろしいやつなんだよ!!!

その恐ろしさにビクビクとしながらたどり着いたエンディング後には、あのなんとも言えない「虚無感」に包まれること間違いなし。なんとなーく数日間、胸にぽっかりとあいた状態で、、、、道中の演出もそうですがクリア後の画面もいちいち細かい所で「配慮」されていて、「あぁ、、、」と言葉を漏らすでしょう、、



今まで同社の「咲耶の唄」が問題作として一種の登竜門のようなイメージだったのですが、これからは「ととの。」で代替出来るんじゃないか、ついにバトンタッチか!?なんて思ったりしたんですがあの「恐さ」と、こっちの「怖さ」は別だと思うのでどっちもやりましょうってことでおk

言うならば、シュタインズゲートのような物語構造、進み方をする、その横顔をみつめてしまう。のような作品だったかな、、?



Chaos;HEAD が実際の渋谷を舞台にした理由として、まるで現実の物語のようにリアリティーを出すためとかなんとか例のカオヘシュタゲ本のインタビューに書いてあった(うる)覚えがあるのですが、背景が実在する場所で、聖地巡礼などが珍しくもなくなった今ではそこまでリアリティーを感じるという印象を受けないというのが本音。
しかぁぁぁし、本作「ととの。」は、恥ずかしながらリアリティーを感じてしまったのである!くわしくは言えないけど、上手い具合に心理を読まれてメタ発言にドキリとするのだ!! 

ただ、ゲームのネタとしては一発屋で今後に多様なゲームが出てくるとしたらやりたくはない、、です。(ていうかこうりゃくがめんどい)

あと、後から知ったのですがあのカミサマと猫の声は 北都南 姉さんだそうです。まじかよ。こんなのところにぺーねーさんが!!!













以後長いので、飛ばしていいです




もう一つ言うこととすれば、東浩紀が『ゲーム的リアリズムの誕生(講談社現代新書)で述べていたことについてです。(実際に読んだわけではなく、端折って部分部分の主張を流し読みしただけなので、ここ!今度にも読んでくるので追記します!!)
 
 むつかしいことなんて分からない僕なのでなんとなくで理解したものを簡単に説明すると、


最近のエロゲー、ギャルゲーというものは純愛主義でありながら、セーブとロードでいつでも分岐点やり直せて他のヒロインへの浮気が可能であるというカタチ。選択肢という形でいろんな世界が可能でありながら、はじまりとおわりが一つしかない小説のような1本道を併せ持つ、、その2つが衝突したときにプレイヤーはゲーム的リアリズムを~~なんて内容なんですが、そこは割愛するとして(ぉぃ)


つまりは、いわゆるセカイ系に多い、”死んでもループして最初から” や 元々ゲームというものはバッドエンドでもやり直せるというカタチなのでどうしても「現実味」が薄れるよね~っていう話題が前にあったものを、それはそれで特殊な創作技法があってプレイヤーを感得させるものがあんだよ~。という話だと思います!たぶん!

そんな話題の中、セーブロード可能やり直し上等なんならクイックセーブクイックロードまでさせちゃうよ!一個前の選択肢まで戻れるよ!が定番である(最後の戻る機能もはやく定番になってほしい)エロゲー、ギャルゲーにおいて、ゲームでリアリティが感じられない? よろしいならば戦争!!と叫び作られたのが本作だと思うのです。

ここまで書いてあれですが、挙げる人物と本を間違えましたね。死んでもやりなおせる「ゲームのようなストーリー」ってリアリズム不足してるよね?って述べた大塚英志の「キャラクター小説の作り方(角川文庫)を挙げるべきだったでしょうか。すんません。



あ、最後にこれを言わせてください。

セーブとロードの自由権は、
プレイヤーの基本的な人権のうちです!!